FC2ポイントを銀行送金で換金してみた

FC2 銀行 換金

FC2ポイントをアマギフに換金するのは非常に簡単でした。

ちょっと怪しい?!「商品券・ギフト券のハイスピードギフト」でFC2ポイントをアマギフに交換してみた

ですが、銀行送金に設定するのは少し手間がかかります。

今回はFC2ポイントを指定口座に電信送金申請する方法を解説していこうと思います。

FC2ポイントを換金銀行リスト

FC2は(一応)アメリカの会社なので、銀行送金で換金するときは海外送金扱いになります。
送金申請する際、世界共通の金融機関識別コードである(SWIFTコード)を持っていない銀行には送金設定することができません。

ただしここで注意なのは
SWIFTコードを持っている銀行でも送金できないことがある
ということです。

ネットに情報が少なかったので、FCユーザーサポートに聞いてみると、翌日すぐに回答がきました。

弊社で現在把握している着金が困難な銀行様は、
ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行、じぶん銀行、東北銀行、
住信SBIネット銀行、横浜銀行、北洋銀行、名古屋銀行、さいたまりそな銀行、沖縄銀行、北海道銀行、
群馬銀行、百五銀行、大光銀行、一部の信用金庫です。 FCユーザーサポート

ネットバンク大手の楽天銀行や住信SBIネット銀行もFC2の送金には対応していません。

FC2の換金非対応銀行リスト
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • 楽天銀行
  • じぶん銀行
  • 東北銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 横浜銀行
  • 北洋銀行
  • 名古屋銀行
  • さいたまりそな銀行
  • 沖縄銀行
  • 北海道銀行
  • 群馬銀行
  • 百五銀行
  • 大光銀行
  • 一部の信用金庫

メガバンクならFC2ポイントを換金できる?

ネットバンクもダメ、地方銀行もダメ
それならメガバンクだったらFC2ポイントを換金できる?

自分はみずほ銀行の口座を持っていたので、今回はみずほ銀行に設定してみました。

FC2ポイント 銀行振込

まずはFC2 IDトップの左メニュー「振込先銀行情報 (換金専用)」をクリックします。

FC2 ID > 決済/FC2ポイント > 振込先銀行情報 (換金専用)
FC2ポイント 銀行振込

「受取先情報」の画面に変わったら、自分の名前や住所をすべて英語で入力します。

項目 入力例
Suzuki
ミドルネーム (空欄)
Ichiro
法人名 (空欄)
郵便番号 1000013(ハイフン不要)
住所(Street) 2-1-1 Kasumigaseki
市区町村名 Chiyoda-ku
州・都道府県名 Tokyo-to
Japan
電話番号(Street) 09012341234(ハイフン不要)

郵便番号を入れると自動で住所が入力されます
番地の表記がわからない場合は、日本の住所を英語に変換してくれるサイトがあるので、そちらを利用すると便利です。

◆ 住所を英語表記に簡単変換

送金手段と通貨

「step2」は送金先情報の登録です。

FC2ポイント 銀行振込

送金手段は「電信送金」、通貨は「JPY」を選択します。

送金先銀行

そしてここが最大の難関。
送金先銀行情報の入力です。

FC2ポイント 銀行振込

名前や住所と同じように銀行情報もすべて英語で入力する必要があります。

下記は「みずほ銀行虎ノ門支店」を指定したときの入力例です。

項目 入力例
SWIFT(BIC)コード MHCBJPJT
銀行名(正式名称) MIZUHO BANK, LTD.
銀行支店番号 046
銀行支店名 TORANOMON BRANCH
口座名義 Ichiro Suzuki
口座番号/IBANコード (7桁の口座番号を入力)
銀行所在地郵便番号 1050001(ハイフン不要)
銀行住所(Street) 1-2-3 Toranomon
銀行所在地市町村区 Minato-ku
銀行所在地都道府県・州名 Tokyo
銀行所在国 Japan

銀行のホームページに英語表記の住所も載っていますので、そちらを見ながら入力すれば間違いありません。

みずほ銀行 FC2

◆ みずほ銀行虎ノ門支店

中継銀行

FC2 中継銀行

銀行情報入力欄の下に「追加の送金先銀行」の項目があります。
こちらは中継銀行を入力する欄なのですが、指定口座がみずほ銀行の場合は入力する必要がありません。

おそらくメガバンクが指定口座の場合は中継銀行を入力しなくても大丈だと思います。

中継銀行はスルーして「Step3」をクリックします。

納税申告フォーム

FC2 中継銀行

「わたしはアメリカ人ではありません」
という署名をします。

画像の塗りつぶしている部分に英語で書かれた自分の住所と名前が載っていますので、そのままコピペして更新をクリックします。

こちらで登録は完了です。

換金申請

FC2 換金申請

銀行の設定が終わったら次に換金申請をします。

FC2 ID > 決済/FC2ポイント > 振込先銀行情報 (換金専用)

今回は30,000ポイント換金することにしました。

換金申請ボタンをクリックするとすぐに画面が切り替わり、振込予定日が表示されました。

FC2の換金締め日は毎月15日です。
15日までに換金申請しないと入金が翌々月になってしまいます。

銀行からの電話

振り込み予定日の5日くらい前、突然みずほ銀行から電話がかかってきました。

FC2様から送信依頼がきているのですがお間違いないでしょうか?

電話では「どのようなお金ですか?」と聞かれます。
自分はブログアフィリエイトの収益でしたので、そのまま正直に答えました。

収益が発生した証拠になるものを提出していただけますか?

「換金可能ポイント変換/換金」のページを一番下までスクロールしていくと取引明細の画面が出てきます。 その画面のスクリーンショットをみずほ銀行の指定されたメールアドレスに送れば大丈夫です。

FC2 ID > 決済/FC2ポイント > 換金可能ポイント変換/換金

入金完了

みずほ銀行から電話がきた当日に入金確認できました。

30,000ポイント換金して口座に入金されていたのは26,750円

国際銀行送金手数料30ドル通貨変換手数料1.9%が引かれています。
30,000ポイント換金したときの手数料は合計で3,250円でした。

国際銀行送金手数料はドル円の為替レートによって変わりますので、申請する前にレートを確認したほういいかもしれません。

アマギフよりもお得

FC2ポイントをアマギフに換金するときの手数料は20~44%です。
それに対して銀行送金の手数料は10%程度ですので、電信送金のほうがはるかにお得です。
入金までに時間と手間はかかりますが、一度設定すればあとは変更する必要がありません。
FC2ポイントがたまっている人は試してみてください。

FC2ポイントを電信送金するときの注意点
  • ネットバンクへの送金は厳しい
  • メガバンクがおすすめ
  • 入金まで最大1ヶ月半かかる
  • 銀行から電話がかかってくる
  • 収益を証明するものの提出が必要

コメントを残す